:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

新しいSNSは手当たり次第トライ(アンドエラー)する、自称イノベーターの林和文が、比較的低コストで始められる「LINE@」の活用法について解説します。中小企業の経営者、Web担当者必見です!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

お疲れ様です! とりあえず新しいSNSは手当たり次第トライする林です。本連載では、「LINE@」をご紹介しましょう。とにかく、今キてるんです!

個人用途としては超メジャーなLINEですが、そのビジネス版であるLINE@をご存知でしょうか? もしまだ活用していないのならば、ぜひ試してみましょう! SNSでは国内最多のユーザー数(LINEは6800万人以上)を活かさない手はないですよね? しかも、メッセージを送った際の開封率はなんと、60%超! さらに、メッセージにクーポンを添付しておけば、新規顧客の開拓が期待できます。

このクーポンの例のように、LINE@を用いたO2O(オンライン・トゥ・オフライン)という来店促進手法は、現代のSNS社会において大変有効です。例えば、関東のある人気ハンバーグ専門店では、LINE@の友だち登録により、スイーツが1個無料になるクーポンを配信したところ、わずか3ヶ月で1000人以上友達が増えました。これってそれほど特別な事例ではありません。実はどんな業態でも真似しやすいのです。

次回以降、クーポンの種類や発行方法など、LINE@の具体的な活用法についてご紹介していきます。
お楽しみに~♪

<LINE@のキてるポイント>
・驚異的なメッセージの開封率(60%以上)。ちなみにメルマガは10%程度(涙)
・O2O手法がかなり有効(来店促進に適してる)
・クーポンの効果が高い(手間、費用がそれほどかからない)