クマベイスに興味を持ってくださり、ありがとうございます。

ここ熊本の地で小さな産声を上げたクマベイスは2018年8月、おかげさまで4期目を迎えます。創業時より、コンテンツマーケティングのエージェンシーとして、顧客の課題解決に注力。今では、東京を中心に、全国のお客様とお取引をさせていただいております。

今期は「正しいコンテンツマーケティングの普及」を掲げ、東京を中心に複数のイベントも企画しております。

クマベイスでは、どんなに小さな仕事(案件)でも、「プロジェクト」として管理しています。基本的にはコンテンツマーケティングの仕事がメインとなりますが、オウンドメディアやSNSの運用以外にも、時には紙の販促物を制作することもあります。また、会社として地域プロジェクトに携わることもありますし、最近はシンガポール発のバッグブランド「Astray Goods」の国内総代理店としても活動しています。

このように、さまざまなプロジェクトを滞りなく進めるため、クマベイスではプロジェクトごとに、まずプロジェクトマネージャー(PM)を置きます。その上で、社内外のメンバーでチームを作り、目的完遂のために動きます。現時点では、クマベイスのメンバーの一人一人が、複数プロジェクトのPMを担当しています。つまり、すべてのメンバーが「ディレクター職」で入社しており、PMとして働いているのです。この文章をお読みのあなたにも、ディレクターとして入社していただきたいと考えています。

募集の背景としては、事業拡大に伴う人的リソースの不足です。年内に複数のコンテンツマーケティングの新規プロジェクトが立ち上がることに加え、先述しました「Astray Goods」の販路拡大も目指していきたいと考えています。

こうしたワクワクするプロジェクトを成功させ、より一層日本を盛り上げていきたい。他にも構想しているプロジェクトを具現化し、アウトプットの量を増やしたい。こうした考えから、人材を募集することとしました。

クマベイスに入社した場合、まずコンテンツマーケティングの勉強をしてもらうことになります。コンテンツマーケティングは複合的なスキルが必要です。企画、ディレクション、編集、解析、などなど。特に文章を書く機会は極めて多く、文章を書くことが「嫌い」な方にとっては、あまり良い職場とはいえないかもしれません。

また、主催セミナーで講師を務める機会も多いため、人前で話すことが苦手な方は、苦痛を感じるでしょう。反面、ビジネススキルやマーケティングスキルを身に付けたい方にとっては、良い職場かもしれません。

クマベイスでは、頻繁に出張が入ります。東京や大阪、九州など、場所はさまざま。したがって、このスピード感についてこれる人でなければ、環境に合わないでしょう。また、社会人基礎力も重視します。お客様に伴走する形で仕事を進めていくわけですから、「社会性」は必須です。英語を使う機会もあるため、入社後は最低限の表現やマーケティング用語を覚えてもらいます。

勤務地につきましては、基本的に熊本本社を考えておりますが、東京勤務も相談に乗ります。その場合も、定期的に熊本本社には出張ベースで足を運んでもらいます。

クマベイスでは、働きやすい職場づくりも進めています。自由な時間がなければ、アイデアは生まれません。業務時間は9:00〜18:00(昼休憩1時間)で、残業は厳禁。終業時間になれば、強制的にオフィスを出てもらいます。年に数回の社内飲み会を除いて、ノミニケーションも推奨していません。家庭やプライベートを大切にしてください。コーヒーは焙煎所から豆を取り寄せ、挽き立てのハンドドリップコーヒーが飲み放題。JAZZを聞きながら、仕事に集中できる環境を整えています。

このように、かなり独特な会社ではありますが、ここまでお読みいただいて入社に興味を持たれた方は、ぜひともご応募ください。
あなたに会えることを心待ちにしております。

2018年8月29日
株式会社クマベイス
代表取締役CEO 田中森士

※詳細は「採用情報」をご覧ください→https://kumabase.com/news/recruit2018/